時計の考察

スポンサーリンク
高級腕時計

婚約指輪のお返しにおすすめの腕時計「5万円~20万円」

婚約指輪のお返しに、女性が選ぶ贈り物の人気No.1は「腕時計」だそうです。とは言うものの、予算は決まってますし、なかなか選ぶのは難しいですよね。そこでこの記事では、5万円~20万円の予算で、一生使えるレベルの腕時計を紹介していきたいと思いま...
高級腕時計

カルティエの時計をしている女性ってどうですか?

カルティエの時計をしている女性、素敵ですよね。しかし、周りの人はどう思っているんでしょうか?私の職場にもいるんですが、周りの目を気にして付けるか付けないか悩むことはよくあるそうです。
高級腕時計

おしゃれな腕時計といえば?緑文字盤ならまちがいなし!!

腕時計を選ぶときに文字盤の色は重要です。令和の時代、どうやら緑色の文字盤が人気を博しているようです。この記事で、緑文字盤の腕時計は、「とにかくオシャレだよ」ということを伝えていきたいと思います。
お手頃な時計

安いけど高く見えるメンズ腕時計 8選

腕時計は社会人ならば着けておきたい。でも、高級腕時計を買う余裕も興味もない・・・。この記事では、安くてもチープに見えず一社会人が着けても、恥ずかしくない腕時計を8本ほど紹介します。
高級腕時計

青文字盤の腕時計は飽きる?心理学的に分析しました。

最近流行りの青文字盤の腕時計。しかし、そうそうに飽きてしまうとの声もあります。なぜでしょうか?心理学的に分析してみましたのでご覧ください。また、青文字盤の腕時計を購入しても飽きないように付き合っていくにはどうしたらいいかを考えてみました。
時計の考察

ロレックス資産価値ランキング「2021年版」

ロレックスの人気モデルの資産価値を、正規店価格と中古品最安値の価格で試算したランキングを制作しました。資産価値の高いロレックスをお探しの人の力になればと思います。
時計の考察

子供の初めての腕時計はアナログが良い|時計好きの3児父が語る

時間がわかるようになったばかりのお子さんが初めて持つ腕時計は、「アナログがいいの?デジタルがいいの?」という疑問はよくあります。3人の子供を持つ私に言わせてもらうと、断然アナログがいいと答えます。その理由をこれまでの子育ての経験から、述べていきたいと思います。
高級腕時計

デイトナを正規店で買えた人はどれくらい通っているのか?

ロレックスの人気モデル、ステンレス製のコスモグラフ デイトナを正規店で購入した人は、何回くらいお店に足を運んでいるのでしょうか?ツイッターの投稿やDMから平均を算出してみました。
高級腕時計

シンプルな腕時計ブランド メンズ編|安いものから高級ブランドまで

おしゃれでシンプルなメンズ腕時計ブランドを紹介します。安いカジュアルなブランドと高価格な高級ブランド、2つのテーマに分けて見ていきましょう。
時計の考察

ロレックスがダサい?ちょっと言わせていただきたい。

ロレックスがダサいと言う方。確かにいます。私の周りでもロレックスはダサいというブライトリングマニアのおっちゃんがいます(笑)ロレックスはダサいんでしょうか?検証してみましょう。
時計の考察

50代におすすめしたいロレックス|永く使える一本を

人生も後半を迎える50代。子供も巣立ち、自分のための人生の始まりとも言えます。人生の後半をアクティブに楽しむのに、ロレックスのような実用的な高級腕時計は心強い味方になるのではないでしょうか?
時計の考察

40代におすすめしたいロレックス|存在感のある一本を

働き盛りの40代。毎日の相棒に心強い、ロレックスのような腕時計があれば、何も怖いものなどありません。この記事では、40代におすすめしたいロレックスの腕時計を紹介します。おすすめするのは、存在感バツグンのモデルです。
時計の考察

30代におすすめしたいロレックス|ガンガン使える一本を

30代の方におすすめのロレックスを紹介したいと思います。30代は初めてのロレックスを買うのにもいい年齢だと思います。あまり周りの目を気にせず、仕事でもプライベートでもガンガンヘビーローテーションで使えるモデルを、紹介していきたいと思います。
時計の考察

20代におすすめしたいロレックス|さりげなく使える一本を

20代の若い方におすすめのロレックスを紹介したいと思います。せっかく高い買い物をするなら、初めから本物を選ぶのも一つの選択肢だと思います。気になるのは、周りの目ですか?ご心配なく。ここで紹介するモデルはさりげなく着けられるモデルばかりです。
時計の考察

ロレックス サブマリーナ 、昔は安かった。何が変わったの?

ロレックスの人気機種であるサブマリーナ。ずいぶん高くなりましたよね。20年前の時計雑誌を見るとなんと半分くらいのお値段です。いったい何が変わったのでしょう。
スポンサーリンク