年収と腕時計の価格の話

スポンサーリンク
時計の考察
スポンサーリンク

「年収に相応な腕時計」というお題で書かれてある記事ってけっこうありますよね。「年収に相応な車」みたいな感じの記事です。これがけっこう面白くて、なるほどな~と思うこともしばしば。ということで、書いてみました。

しかし、現在の時計業界は素材的に最も安価な”ステンレススチール”の腕時計が人気で価格が上がっているため、一概に年収と時計の価格だけでは測れない部分が出てきてるのかなと思います。

そこで今回は違う角度から「年収と時計の関係」を記事にしていきたいと思います。

一般的な、年収と時計にかける予算


souce:ROLEX

誰が言い出したのかは分かりませんが、腕時計にかける予算は、年収の20パーセントだとか30パーセントだとか言われています。ここでは間を取って25パーセントくらいの価格ということで、考えて見ると。

例えば、以下のようになります。

年収300万円→75万円

年収400万円→100万円

年収500万円→125万円

年収600万円→150万円

年収700万円→175万円

年収800万円→200万円

年収900万円→225万円

年収1000万円→250万円

ここで思うんですが、年収300万の人にとって75万の腕時計を買うのはけっこうキツイでしょ!ということ。いや、絶対にきつい。私も年収300万のころに75万の時計を買おうなんて思ったことありません。

私みたいに10年くらい貯めてたら話は別ですが。

逆に年収1000万の人からしたら250万って安くないか?と思うんですが。いやそうでもないか。

500~600くらいのところはこんなものかなぁ~と納得してしまうんですが。

ようは、そうだなと思うこともあればちょっと違うよな~と思うのもあるわけです。

だから、一概にパーセンテージでくくるのはおかしいと思います。

市場相場は上がり続けている


souce:ROLEX

年収の%説がしっくりこないのはこれも理由です。とにかく時計の価格が高い。
例えばみんなのあこがれ”ロレックス デイトナ”。15年くらい前は100万円くらいでステンレススチールのモデルが新品で購入出来てました。

しかし、今は?

新品価格300万円くらいしますよ!!

デイトナ自体は新型にはなりましたが、大きく変わってるわけじゃありません。コンセプトも何もかも。

変わってるのは相場です。

それが15年前まで年収400万円で買えてたモデルは、今じゃ年収1000万円ないと買えないことになってます。やっぱりなんかしっくりこないんですよね。

その他のブランドについても価格は軒並み上がっているので、同じことが言えます。

ロレックス GMTマスター2なんかは15年前まで30万円くらいしかしませんでしたよ。

今は当時の価格の5倍近く高くなってます。

何を基準に選べばいいのか?


souce:ROLEX

とりあえず、価格に関係なく気に入ったものがもちろん一番いいとは思います。

しかし、高級ブランドウォッチの購入を考えている人にとって、腕時計はただ単に”時間を確認する”ためだけの道具以上のものになっています。

それから、仕事の取引でも相手の時計だけで考えることはありませんが、多少はやっぱり見ちゃいますよね。

自分の立場や職種、年齢なんかも考えて選べるといいんですが。

となると年収で考えるのもまあ、一つの目安くらいにはなるのかなとは思います。

その他のことで選んでみましょうか。

機能で選ぶ


souce:ROLEX

一つ目、機能で選んでみるのはどうでしょうか?

機械式腕時計の機能にはいろいろとあります。シンプルな3針、日付表示付き、回転ベゼル、帯磁性、クロノグラフ、マニュアルカレンダー、ミニッツリピーターなど、機能が多機能になるほど高額になります。

そして何より、機能が複雑になればなるほど、増えるほど、オーバーホールにかかる金額も高くなってきます。

例えば、

年収300~500万円→3針でシンプル、日付表示付き、ダイバーズ

年収600~800万円→クロノグラフ、マニュアルカレンダー、GMT機能等

年収900万円以上→複雑機構

3針モデルなど、シンプルな腕時計になればそれだけメンテナンスも簡単です。
オーバーホールも安く済みます。機能で選んでみるのも面白いですね。

ロレックスでいえば、最もシンプルなエクスプローラー1やオイスターパーペチュアルなどの3針モデルはオーバーホールの基本料金は6万円程度、クロノグラフ機能の付いたデイトナが8万円程度、最も複雑な機構を有するスカイドゥエラーが13万円程度になります。

維持費は3針モデルで、月ワンコイン(500円)くらいになります。

もちろん正規のメーカーにオーバーホールを頼まずに修理会社などに出せば多少は節約できますが、それでも多機能モデルになれば高いですし、複雑モデルになればやっぱり正規店でお願いしたいですよね。

そうなると機能と収入でモデルを選ぶのも、あながち間違いではないと思います。

余談ですが、オメガの人気モデル、スピードマスター。

私も大好きなスピマスなんですが、中古で15万円以下のものもあります。オッと飛びつくと痛い目をみることも。オーバーホール代が時計の金額を超えてしまうなんてこともあるので、機械式はスピマス一本に絞るとかしないとなかなか手持ちには出来ないな~と思ってます。

素材で選ぶ


souce:ROLEX

それから、素材で選ぶという選択肢も。

最も安価なのはステンレススチール。丈夫です。超高級時計で有名な世界の御三家、パテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲも入門モデルやスポーツモデルにはステンレススチールを使用しています。

実用ウォッチといわれるロレックスは、メインになるモデルの多くがステンレススチール製です。

他に貴金属のモデルでいえば、ゴールド(イエロー、ホワイト、ローズ)、プラチナなどがありますね。

非常に軽量なチタンを使ったものも最近では増えています。異種素材の組合せで有名なウブロ、クストスなんかは最新素材を組み合わせて時計を作っています。

金属別に特徴を見ていくと、

ステンレススチール:最も頑丈、安価、金属としての価値はない

チタン:軽量、価格はステンレススチールの1.2倍くらい

ゴールド、プラチナ:金属として価値がある、柔らかいため傷が付きやすい、重い!!

特徴からみればやはりある程度収入がないと、貴金属のモデルは持てませんね。
一本豪華主義も嫌いではありませんが、プラチナなどの貴金属の腕時計はそれ一本を普段使いしていくのは難しそうです。

傷が入りやすいので、できれば複数本か日常使いのステンレススチール製の一本が欲しいです。

ブランドで選ぶ


souce:vacheron-constantin

スイスの高級腕時計界でもランク(立ち位置)があります。例えばロレックスなら万人向け、ウブロやフランクミュラー、パネライは新興ブランドでマニア向け、ヴァシュロンコンスタンタン、オーデマ・ピゲはピゲは格式高い、パテック・フィリップは最高峰のブランド、などです。

やはり、ある程度年齢を重ね、仕事でも役職があったりすれば格式の高いブランドを選びたいですね。

パテック・フィリップなんかは著名人の方でもある程度歳を重ねてから手に入れてるようです。

まとめ

結局どう買うかなんてあなた次第です。気に入ったものが一番。
これいうと元も子もないんですが。

買い方なんですが、現金(一括)で買ってもローンで買ってもいいんじゃないでしょうか。永らく時間をともにするでしょうし。

ローンで購入する場合は無金利期間内で払うようにしたいですね。無理のない返済プランにしておかないと普段の生活に支障が出るので注意です。

無金利ローンなら有名質店のロデオドライブさんが60回と最多の支払い回数です。

あとはオーバーホールにどのくらいかかるかは把握しておいた方がいいです。パッテク・フィリップなんかはオーバーホールだけで高級腕時計一本分くらいかかります。

それから、好きな芸能人や著名人と同じモデルを選ぶというのもありですね。

それではみなさまが、最高の一本に出会えることをお祈りいたします。

 

ロデオ ドライブの公式ページへ