タグホイヤーって正規店で買う?並行店や中古品は?|オーバーホールの注意点も

スポンサーリンク
タグホイヤー/TAG HEUER
スポンサーリンク

タグホイヤーは様々な価格帯のモデルがあり、価格も様々です。タグホイヤーの腕時計を購入する際にまず悩むのが正規店で購入するか並行店で購入するかだと思います。

メリットとデメリットを合わせてお伝えしていきましょう。

正規店、並行店のメリット&デメリット

タグホイヤーの腕時計は実に様々な種類があり、価格も高級時計にしてはリーズナブルな価格帯があります。

並行店で購入すれば、定価の6割近くの価格で購入できるので、購入だけを考えれば並行店となりますが、もちろんデメリットもあります。

正規店で購入するメリット

・正規店で購入するという満足感

・会員価格でオーバーホールが受けられる

・修理時も安心して任せられる

正規店で購入するデメリット

・購入価格が高い

・オーバーホール料金が高い

正規店での購入はやはり安心感があります。高いお金を払うだけの価値は十分あると思いますし、何かの記念で購入するなら正規店だと思います。

また、正規店で購入すれば、エドワーズクラブという会に入会でき、購入後の保証が2年から4年に延び、オーバーホールなども4割引きで受けられることになります。

それでも3針の機械式モデルで、38500円とかなので、むちゃくちゃ安い!というわけではありませんが。

 

並行店で購入するメリット

・購入価格がとにかく安い

並行店で購入するデメリット

・正規のオーバーホール料金が高い

・修理店ではオーバーホールを受け付けてくれないモデルが多い

これは中古品の購入も含みます。並行店などで中古品を購入するとなると、新品正規品の半額くらいで購入できますよね。お金の面ではかなりお買い得だと思います。

ただし、オーバーホールの際は正規店で受けるとかなり高いです。カレラなどの機械式のクロノグラフを正規店でオーバーホールしてもらうと74,250円が基本料金です。交換部品なんかがあるとすぐに10万円を超えてしまいますね

修理業者に出すと30000万円未満で収まることが多いと思いますが、交換部品があれば高額になりますし、修理を受け付けてくれないモデルも多くあります。

修理業者にオーバーホールしてもらう際の注意点

修理業者にオーバーホールを出すとメーカーにお願いするよりもかなり安くやってくれます。

しかし、どこに出しても良いと言うわけではありません。

「時計は時計技師が壊す。」

という言葉があるように、未熟な業者に出すと逆に壊されることだってあります。

また、タグホイヤーは修理業者にパーツを供給しません。そのため、最新のキャリバーを搭載しているモデルなんかは受け付けてもらえないことが多々あります。

キャリバー1887、ホイヤー01、ホイヤー02などを搭載したモデルや、文字盤がスケルトン仕様になっているモデルは修理を受け付けてもらえないことが多いので、購入の際には気を付けておきましょう。並行店などで購入する場合はこのあたりをあまり説明してもらえません。

いざオーバーホール、修理となったときに正規メーカーに出すので高額になると、初めて知らされるので、購入時には注意しましょう。

修理業者に修理を受け付けてもらえないモデル

・キャリバー1887、ホイヤー01、ホイヤー02、ホイヤー02T搭載モデル

・文字盤がスケルトン仕様になっているモデル

おすすめのオーバーホール専門業者は、ウォッチカンパニーです。

所属する時計技師は、すべて自社の社員なので、責任の所在がはっきりしていますし、年間8000本近くの腕時計を修理、オーバーホールしているため、技術力はたしかなものがあります。

詳しくは下記記事にまとめていますし、HPを見てもらえれば、安心して任せられるということがわかると思います。

腕時計のオーバーホールならこの2社が断然おすすめ。断言します
高級時計を所持したならば、5年おきに必ずやってくるアレ。そう、オーバーホールの時期です。なんとか安くならないか。でもよくわからない業者に大切な時計を預けるのは心配。そんな方におすすめの時計修理会社を2社ほど紹介します。

↓↓↓ウォッチカンパニーのHPです。
時計修理専門店WATCH_COMPANYはコチラ

一番お買い得な購入の仕方は?

タグホイヤーには「キャリバー16」という立て3つ目のクロノグラフキャリバーが存在しますが、このモデルは2004年から現在まで造られており、部品も市場に流通していたため、修理業者でも部品の在庫があるところが多いです。

キャリバー16を搭載したモデルであれば、修理業者でも修理を受け付けてくれるので、オーバーホールも安く済みます。

これなら中古品を購入しても安心して使っていけるでしょう。

また、クォーツ式のモデルも機械式に比べて作業が容易なので、様々なところで修理やオーバーホールを受け付けてくれます。とにかくクォーツはトラブルが少ないですし、時間も正確です。

高級時計初心者でもタグホイヤーのクォーツならガンガン使えますし、おすすめです。

まとめ

タグホイヤーの腕時計は、モデルを選べば、中古品や並行輸入品でも安心して使っていけます。

それに、ホイヤー02などの高額なモデルを選ぶくらいなら、同じ金額でロレックスやオメガなどのさらにハイブランドのモデルを選んだほうが賢い買い物になるでしょう。

ということで、キャリバー16を積んだクロノグラフや、アクアレーサー、フォーミュラ1などのクォーツモデルなら並行店、ホイヤー01、02などの高額モデルを選ぶなら正規店で購入するのが良いかと思います。