腕時計の匂いが気になる。自宅でできるセルフケアで臭いを取る方法

スポンサーリンク
メンテナンス・オーバーホール
スポンサーリンク

暖かい季節になってくると気になるのが腕時計のベルトのにおいです。特に香水をつけてる方なんか汗のにおいと混じって大変なことになりますよね。ほっておいてもにおいは取れませんしもっと臭くなってしまいます。この記事では腕時計の臭いにおいを取る方法をご紹介します。

革ベルト、金属ベルトにも臭いはたまる

革製のベルトは革やナイロンの内部に汗や皮脂が染み込んで細菌やカビが発生し、強烈なにおいを発することがあります。
これに対し金属製のベルトは、細かい隙間に汗や皮脂が侵入してたまり、雑菌が繁殖して黒くなりますが、これがにおいのもとになります。

お手入れは日々欠かさないようにしないと、せっかくいい腕時計をしていても嫌な臭いが発生してしまうと気分は最悪です。こまめに手入れをしたいですね。

革ベルトのお手入れ方法


臭いや黒ずみの発生しやすい革ベルト。日々のお手入れは金属ベルトよりもまめに行うことです。
お手入れ方法は以下の通りです。

1.腕時計から革ベルトを外す

2.柔らかな布やブラシでベルトについた汚れを軽く落とす

3.ぬるま湯で薄めた食器用中性洗剤を容器に注ぎ、皮ベルトを入れて1晩つけ洗いする

4.水で軽くすすぐ

5.柔らかな布やタオルで水分を取る

6.自然乾燥させる

香水のにおいや汗のにおいがひどい時にはこの方法が有効です。暑い季節は革ベルトは着けないほうが無難です。革ベルトを頻繁に洗うと傷んでしまうので、できればナイロンベルトを購入して付け替えるようにしましょう。

また、日ごろから柔らかな布やブラシでベルトについた汚れを軽く落とすことはやっておきましょう。

金属ベルトのお手入れ方法


ついつい日ごろのお手入れをさぼりがちになってしまうのが金属ベルトです。水で洗い流すことも簡単にできるので、気が付いたら汚れで手首が真っ黒なんてこともあります。
においや皮脂をしっかりとる方法がこちらです。

1.腕時計から金属ベルトを外す

2.使わない歯ブラシや爪楊枝の先で隙間に入った汚れを掻き出す

3.容器に入れたぬるま湯に重曹を小さじ一杯いれ、優しく手洗いする

4.流水でしっかりとすすぐ

5.柔らかな布やタオルで水分を取る

6.自然乾燥させる

重曹を使うのがポイントです。汗や香水のにおいがしっかりとれます。ただ、ステンレス以外の金属に使用すると錆が発生することもあるので、金属ベルトの材質をよく調べてから行うようにしましょう。

綿棒とエタノールという手もありますが、あんまり汚れが取れません。これマジです。

永く愛用したいなら

腕時計は毎日素肌に触れるものです。かならず汚れは付きます。

腕時計を永く愛用するには大事にするしかありません。お手入れは欠かさず行い、汚れがひどい時には今回の方法を試してみてください。

個人的に超音波洗浄機は好きではありません。持ってますが。頑丈な金属ブレスレットといえど、金属を組み合わせてできているので、ガタやゆるみが出ないか怖いのです。

この記事もメンテナンスの参考にどうぞ!!

機械式腕時計の基本的なお手入れ方法&保管場所|お便利グッズも
腕時計のお手入れ、日ごろからしていますか?毎日身に着ける腕時計は、いくら頑丈にできていてもお手入れを怠れば寿命を縮めてしまう可能性があります。自宅メンテに必須のケアグッズも紹介しますので参考にしてください。