『時計修理の千年堂』はなぜブログで押されてるのか?|評判は?

スポンサーリンク
メンテナンス・オーバーホール
スポンサーリンク

最近よくWEB上のメディアで見かけるようになった「時計修理の千年堂」。低額のオーバーホール料金で一流のオーバーホールをおこなうという触れ込みですが、本当にそうなんでしょうか?専用的なブログもブログ村で見かけますが、なんでこんなに「押し」てるんでしょうか?
気になったので調べてみました。

 

時計修理の千年堂の公式HPはこちら
時計修理の千年堂

時計修理の千年堂って?

時計修理の千年堂は腕時計のオーバーホールを格安で行う修理専門業者です。

修理専門業者とは言っても、全国の一流時計技師と提携しており、大量発注のボリュームディスカウントができているとあります。そもそも一流時計技師ってどこから一流なんでしょうか?ここからすでに疑問です。

取り扱いブランドは?

扱うブランドはオメガ[OMEGA]、ロレックス[ROLEX]を中心に、チュードル[Tudor]、カルティエ[Cartier]、ブルガリ[Bulgari]、ブライトリング[Breitling]、タグ・ホイヤー[Tag Heuer]、IWC[IWC]、ゼニス[ZENITH]、ロンジン[Longines]、グッチ[Gucci]、パネライ[Panerai]、グランドセイコー[Grand Seiko]、クレドール[CREDOR SEIKO]などの高級腕時計を扱っているようです。

よく見る高級腕時計ブランドばかりですね。基本的にどこでも受け付けているようなブランドばかりですが、ロレックスのデイトナは受け付けていないみたいです。

交換する部品は純正品?

使用する部品は原則純正品とあります。ただ、部品が入手できない場合はできないことがあるようです。また、ロレックス デイトナのような機構が複雑で、部品の入手が難しい時計の場合もオーバーホールが断られるみたいですね。

どうやら部品の入手ルートは我々一般人と大差ないみたいに感じます。価格ドットコムであった口コミでは、ロレックスのリューズ交換で部品代が正規店価格の4倍したとか。もうこれだけでオーバーホール代金が高額になりそうです。

千年堂の時計修理・オーバーホールの6つの特徴とは

時計修理の千年堂では6つの特徴があると言います。それは、

 

①業界最安水準かつハイクオリティな時計修理・オーバーホール
②代金後払い
③1年間の修理保証
④迅速な納期
⑤修理前の綿密なコンサルティングの実施
⑥納品書の発行

 

この6つです。ハッキリ言って普通です。どこでもやってくれる内容です。

また、プラスの特典として、千年堂オリジナル超音波洗浄+千年堂オリジナルクリーニングをサービスとして無料で付けてくれるようですが、これもどこでもやってくれます。えらく過大に宣伝してるなと思います。

 

超音波洗浄くらいならフラッと立ち寄った時計店でも20分くらいでサッとやってくれますよね。

050から始まる電話番号

時計修理の千年堂の電話番号って「050」から始まるんですよね。「050」から始まる電話番号自体は別に悪いものではありません。インターネット通信を利用したIP電話の番号です。「LINE」や「SKYPE」と違うのは固定電話や携帯の番号に直接電話ができるところです。

でもですね、「050」から始まる電話番号には実際、迷惑電話によく利用されています。料金が格安というのが理由のようです。

この番号であれば、一つの携帯番号で複数番号を持つことができるので、そこも理由かもしれません。とりあえず、あんまり印象はよくありません。

HPが情報商材の商品ページのよう

目立つキャッチコピーに絶賛の嵐のような利用者の声。どこかの健康青汁のような商品ページです。

とにかく見ていて怪しい。そんなイメージを持ってしまいます。

時計修理の千年堂の公式HPはこちら
時計修理の千年堂

この会社を経営されている方は腕時計に詳しいのでしょうか?詳しくなくても問題はないんでしょうが、なんだか大量に故障した腕時計を集めて修理業者に出して中間マージンを取っているだけに感じるのは私だけでしょうか?

実際のオーバーホールのお値段は?

時計修理の千年堂が怪しいのはHPにオーバーホール料金が一切かかれていないところが一番大きいところです。

 

実際はどのくらいの料金なんでしょう?

 

調べてみると、ロレックスのデイトジャストで32000円だということです。

この金額は確かに安い。正規店に出せば43000円が基本料金なので、2万円以上安いという触れ込みはどうなんでしょう?それに、オーバーホールの専門業者とすればもっと他にも安くていいところはありますよ。

交換部品があれば、正規店でのオーバーホールの方が安くなるみたいです。

ちなみに納期は正規店とほぼ変わらず、4週間前後となっています。

時計のオーバーホールはどこに出したらいい?


時計修理の千年堂さんからは良いところを見つけることはできませんでした。じゃあ時計のオーバーホールはどこに出したらいいかという話ですが、おすすめはウォッチカンパニーです。

 

この業者さんは時計技師をちゃんと社内30名以上抱えていますし、それぞれ得意なブランドを担当しているということで、顔出しでHPに出ています。

ロレックスのオーバーホールもデイトジャストは33000円からです。基本料金は時計修理の千年堂と1000円しか違いません。

 

納期はなんと最短で2週間。時計修理の千年堂の約半分の機関でオーバーホールが完了します。中間が一切なく、直接取引できるからこその最短期間ですね。オーバーホールの事例も現行モデルからヴィンテージモデルまでいろいろと載っています。他で断られたモデルもウォッチカンパニーなら引き受けてくれるかもしれません。

 

時計修理・オーバーホールの【WATCH COMPANY】はこちら

私は現行品のオーバーホールは正規店に頼むと思いますが、安く仕上げるにもオープンな業者を使いたいですよね。

 

腕時計のオーバーホールならこの2社が断然おすすめ。断言します
高級時計を所持したならば、5年おきに必ずやってくるアレ。そう、オーバーホールの時期です。なんとか安くならないか。でもよくわからない業者に大切な時計を預けるのは心配。そんな方におすすめの時計修理会社を2社ほど紹介します。

時計修理の千年堂を押している理由は?

時計修理の千年堂を押しているブログがある理由は、たぶん「広告収入」です。クリックしてオーバーホールに出したら広告を出したメディアに収入が入るというやつですね。

 

これ自体は全然悪いことではありませんが、自分で実際に使ってみるとか、もっと押したくなる理由を見つけて欲しいところです。

 

オーバーホール専門業者に出す際にはその業者のことはよく調べておきましょうね。