機械式腕時計をオーバーホールに出す兆候とタイミングとは

スポンサーリンク
メンテナンス・オーバーホール
スポンサーリンク

高級ブランドに多い、機械式腕時計。駆動部分はすべて機械で構成されているため、永く使うなら、買うだけでなく、買った後のメンテナンスのことも考えておかないといけません。車と同じように定期的に分解と洗浄、組み立て、点検を行いますが、これをオーバーホールと言います。

この記事では、オーバーホールに出さなければいけない兆候(症状)タイミング(期間)について話ていきたいと思います。

とにかくめんどくさい

オーバーホールはとにかくめんどくさいです。お金もかかりますし、何より1か月~2か月の間、腕時計が手元から離れるのは辛いことです。

何本かローテーションで、使用しているのならともかく、多くの人は一点高級主義で、一本のモデルを日常的に使用しているのではないでしょうか?

こういったことがあって、オーバーホールに出すことを後回しにしている方は、多くいらっしゃると思います。車の場合は、3年、2年と車検に出すタイミングが、法律で決められているので、しかたないですが、腕時計については法的に自由なので、止まったり、壊れてしまったりしてから、おこなうことも多いと思います。

止まってしまうということは、どこかが壊れているということです。ひどい時には複数の部品を交換しないといけなくなるので、余計な出費がかかってしまいます。

ベストは壊れる前のタイミングで、オーバーホールに出してしまうことです。

一般的な期間は?

一般的な期間は、3年~5年ほどだと言われています。

最近ではオーバーホールをする頻度は、10年に一回くらいというブランドもあるので、一概には言えませんが、もし古いアンティークのモデルになると、さらにこの期間は短くなると思います。

高級機械式腕時計をするメーカーは、同じ品番のモデルでも、少しづつ改良を加えていることが多いです。

例えば、機械式の大きな敵である、磁気の影響を受けないように、磁化されない部品を使っていたり、シリコン、セラミックなど摩耗の少ない部品に替えたりされています。

機械式の腕時計自体、歴史は100年以上もあるわけですから、現在に近いものの方が、性能やオーバーホールのしやすさは上だと言います。

また、メーカー以外の専門業者のサイトでは、少し短めに期間を述べているところもあります。

有名ブランドの見解は?

高級メーカーはある程度の目安を、HPに載せているところもあります。調べましたので見比べてください。

メーカー推奨頻度備考
ROLEX10年Q&Aに記載
IWC8年国際保証期間
PANERAI4~5年(保証8年)FAQにて
Cartier5年(保証8年)国際保証期間
Britling通常ムーブ(3~4年)、自社製(5~6年)FAQにて

オーバーホールを受ける頻度について、HPに書いてあるメーカーもあれば、ないところもあります。

腕時計は複雑な機械で構成されていますし、正直使う人によって状況も様々です。メーカーとしては、推奨期間にかなりマージンを取っておきたいところだと思います。

この場合の判断材料になるのが、国際保証期間です。

保証期間内の通常使用でおこった不具合に関しては、無償で修理をおこなうというやつですね。

最近は何らかの形で、保証期間を延長できるサービスを提供しているメーカーが多いです。

保証期間内の無償修理が多いと、メーカーにもかなりの負担のはず。保証期間が切れてからすぐに不具合が出始めるというのが、メーカー側からすればベストでしょう。これまでの自然不良発生の期間から設定しているはずです。

ようは保証期間内くらいは持つだろうという考え方ですね。

8年間という期間を設定しているところが多いので、新品購入からこれくらいの間はオーバーホールに出さなくてもいいかもしれません。ギリギリな考え方ですけどね。

私の周りでは、5年~8年でオーバーホールに出す人が多いように思います。

心配性なら早めに出しましょう。

期間に関わらず危険な症状

使用している期間の日が浅くても、すぐにでもオーバーホールに出さなくてはいけない兆候、症状というものがあります。この中にある症状がお持ちの腕時計にあるなら、すぐにでもオーバーホールに出しましょう。

・動かない

・時間の進みがかなり早い

・時間が遅れる

・巻き込み式リューズが入らない

・リューズが硬い、感触に違和感

・ガラス風防が曇る

・カレンダーの切り替えが遅くなった

できれば、『動かない』という一番最悪な症状になる前に、オーバーホールに出したいところ。

時計の針の進み具合は、基本的に時間が進む方に調整されています。時間が遅れる場合は、内部の潤滑油が古くなり、固くなっている可能性があり非常に危険です。また、新しい時計は、内部の部品の摩耗が激しく、粉が出やすいので、これも潤滑油を固くしてしまう要因になるようです。

リューズ関係の不具合は、時計の防水性能に関わってくるので、これも日常使いするものならオーバーホールを検討してみてください。ガラス風防がくもったり、文字盤に水滴がついていたりするなら、すでに水分が内部に侵入しています。

その他に、ベルトの不具合は早めに修理に出した方がいいですね。放っておくととんでもないことになります。

まとめ

機械式腕時計は、正しく扱えば、本当に永く愛用できます。

オーバーホールに出す時期は、長めにとって5~8年間ということにしておきましょう。

部品の破損が心配なら早めに出せばいいだけです。3針カレンダー付のモデルなんかは、機構がシンプルなので、あまり気にしなくてもいいきがします。

それよりも時計が遅れたり、危険な症状がないか、常日頃から時計を観察しておくことが、故障を防ぐ一番の方法だと思います。

腕時計のオーバーホールならこの2社が断然おすすめ。断言します
高級時計を所持したならば、5年おきに必ずやってくるアレ。そう、オーバーホールの時期です。なんとか安くならないか。でもよくわからない業者に大切な時計を預けるのは心配。そんな方におすすめの時計修理会社を2社ほど紹介します。