ロレックスの購入制限モデル一覧|抜け道はある?新作は?

スポンサーリンク
デイトナマラソン
スポンサーリンク

ロレックスは2019年11月に人気指定モデルに購入制限ルールを設けました。この記事では購入制限モデル一覧とその抜け道、今後追加されそうなモデルを紹介します。

ロレックスの購入制限モデル一覧

デイトナ 116500LN

シードゥエラー 126600ディープシー 126660

サブマリーナ―ノンデイト 124060(新作)

サブマリーナ―デイト 126610LN(新作)
126610LV(新作)

GMTマスターⅡ 126710BLNR
126710BLRO

エクスプローラーⅠ 214270

エクスプローラーⅡ 216570

最も市場価値が高いのは、デイトナとGMTマスターⅡの赤青、出たばっかりのグリーンサブマリーナーです。

どのモデルも正規店の定価から倍以上の市場価値があります。正規店で購入して、そのまま並行店に持って行けば簡単に100万円以上稼げてしまいます。だから転売ヤーの餌食になっているようですが。

新作はどうなる?

2020年の新作ではサブマリーナ―ノンデイト&デイト、グリーンサブマリーナーのみです。

2020年はオイスターパーペチュアルもカラフルなカラーリングで人気が高いですが、とりあえずは購入制限ルールには該当しません。

しかし、市場価値も高く、転売の対象になるようなら今後は追加もあるかもしれません。

ロレックスの新作|ティファニーブルーのオイスターパーペチュアル
ロレックスの新作が9月1日にようやく発表となりました。最も注目度の高いサブマリーナですが、これは他に任せるとして、当ブログではまずオイスターパーペチュアルの新作に目を向けたいと思います。

抜け道はある?

元々この購入制限ルールができたのは、デイトナなど市場価値が高く、転売の対象になるモデルを転売ヤーから守るためにできたものです。

しかし、簡単な抜け道があります。

それは、同行者を連れていくことです。

ロレックスを購入する際に必要なのは、お金と身分証明書のみです。例えば、妻を連れていき、妻にプレゼントしてもらうみたいな言い訳をすればいいでしょう。この方法を使えば、友達でも親でも、誰でもいいでしょう。ただ、その時に在庫があるかはわかりません。予約はできませんので。

今後追加されそうなモデル

現在、購入制限モデルはすべてステンレススチールのモデルですが、他のモデルも簡単に転売できそうなモデルが多くあるので、今後も追加はあり得ると思います。今後追加されそうなモデルを見ていきましょう。

GMTマスターⅡ Ref.126711CHNR

定価¥ 1,565,300

人気が非常に高く、市場価値も高い通称カフェオレ。市場価格は確認してもらえるとわかりますが、中古品でも200万円を超えます。

ツイッターなどを見ていると人気の高さがわかりますが、多くの人が買い求めてる一本です。

スカイドゥエラー Ref.326934

定価¥ 1,564,200

ステンレス製のケースが登場してからかなりメジャーになってきた感があるスカイドゥエラー。なかでも人気の高いのはこの青文字盤です。

飛びぬけた人気で、文字盤交換も受け付けてもらえないほど。白文字盤→青文字盤これはダメ。青文字盤→白文字盤これはOKだそうです。

デイトナ Ref.116519LN

定価¥ 3,140,500

金無垢のデイトナ、そしてオイスターフレックスを装着したモデルの人気が高まっています。金無垢と言う特別感に加え、オイスターフレックスというスポーティなベルトの装着によって、扱いやすさが増しています。

オイスターフレックスデイトナは、このホワイトゴールドのモデルに加え、ローズゴールド、イエローゴールドのモデルも同じくらい市場価値は高くなっています。

オイスターフレックス デイトナの魅力|SSモデルだけじゃない!!
ロレックスはどのモデルもステンレス製のモデルが人気があります。しかし、それは非常にもったいないことです。この記事では、人気上昇中のデイトナ オイスターフレックスの魅力に迫りたいと思います。

 

これらのモデルはたとえ中古品扱いでも転売するだけで、50万円以上の利益が出てしまうため、現在最も転売ヤーの餌食になっています。

今後、販売制限がかかるのも時間の問題ではないでしょうか?

まとめ

ロレックスの購入制限についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか?

購入制限ができてから転売ヤー以外での購入報告が増えたような気がしていますので、少しは機能しているのかなと思います。

本当にロレックスが欲しい人が手に入る時代が来たら良いですね。