30代から始める高級機械式腕時計|おすすめはどこでも使える一本

スポンサーリンク
高級腕時計
スポンサーリンク

30代は高級機械式腕時計に手を出し始めるのにいい年齢だと思います。仕事にも慣れ、ある程度の地位を確立し、いいものに興味もわくでしょう。実際に初めて高級機械式腕時計を購入するのは30代になってからの方が多いそうです。

そもそも高い時計は必要?

30代にもなれば仕事やプライベートでの付き合いも増えるというもの。

冠婚葬祭などの催し物も若いときに比べれば、断然増えてくると思います。いざという時だけでなく、普段から腕時計を見られる年齢なのでやはり一本は持っていたいもの。

やはり手始めに手に入れたい一本はどんなときでもどこでも使えるモデルでしょう。プライベートでも仕事でも使えるものがあれば、次の二本目まで困ることはありません。そのためにここで挙げるモデルは革ベルトのものは避けています。アクティブに使うなら防水性能も5気圧以上は欲しいところです。

この記事では仕事やプライベートでも使える30代におすすめの一本を紹介していきます。

ロレックス サブマリーナーデイト

腕時計の王様と言われるロレックス。ちなみにブランドの格としては一番上ではありません。あくまで労働者のための腕時計ブランドです。高級ブランドの多くは王室や貴族の宮廷時計から始まったものが多いのですが、ロレックスは違います。

しかし、人気ぶりでは完全に時計界の王様です。このサブマリーナーも絶大な人気を誇るモデルの一つ。耐久性や防水性もさすがはロレックスと言える一本です。あまりの人気ぶりに、着用している芸能人も多く、街でも一番被りやすい高級機械式腕時計と言えます。

モデルチェンジの噂もチラホラありますが、どの年代のモデルも人気で永く使うには最高の一本です。どんどん資産的な価値も上がっているので、持っておけば下手な株式を購入するよりもいいかもしれません。売却時のリセールバリューもいいので買い替えて次の時計を購入するとしても力強く後押ししてくれます。

オメガ レイルマスター

オメガ レイルマスターは1957年に発売されたモデル。発売当時は鉄道員や磁気の強い現場で働いている技師たちのために開発された時計でした。そのために最大1000ガウスの耐磁性能を持っていました。初代レイルマスターは製造年数が4年と短く、ヴィンテージモデルの人気も高いモデルです。

復刻したのは最近で2017年。サイズアップに加えて耐磁性能も15倍とハイスペックなムーブメントが搭載されています。文字盤はヴィンテージ感が漂い、30代にも似合うモデルとなっています。

オメガは人気が高く、有名なモデルも多くあります。スピードマスターやシーマスターは販売の歴史も長いため、多くの人が持っていますが、レイルマスターは復刻して日も浅いため、人と被ることがあまりないのも魅力的な点です。

ちなみにヴィンテージのレイルマスターはとんでもなく高く、数百万円します。

ジャガー・ルクルト ポラリス

技術力の高いウォッチメーカーと言えばジャガールクルトです。商品出荷の際の点検にも異常なほどの時間をかけることで知られています。正に玄人好みの腕時計メーカーと言えるでしょう。

ジャガールクルトといえば、ポロ競技用に1930年代に発表されたレベルソ、シンプルなラウンドウォッチ マスターなどが人気ですが、他にもいいモデルがあるんです。それがこのポラリスです。回転ベゼルが風防の中に搭載されているため、回転させるためにベゼル用のリューズが付いています。

リューズが二つと他のブランドにはないデザインは魅力。街で見かけることは少ないですが、間違いなく名機の一つだと言える一本です。

ポラリスを検索する

ジラール・ペルゴ ロレアート

ジラール・ペルゴは相当な腕時計好きでないと知らないかもしれませんが、歴史があるブランドです。このロレアートは1975年にクォーツ式の腕時計として世に出ました。

現在のロレアートは2016年に登場しました。質感もおどろくほど高く他の高級ブランドのコレクションにまったくひけを取りません。販売数も現行のロレアート発表から好調です。

ロレアートはいわゆるラグジュアリースポーツウォッチです。パテックフィリップのノーチラスやオーデマ・ピゲのロイヤルオークに似た角を随所に取り入れたデザインも人気の秘密です。

ロレア―トを検索する

カルティエ バロンブルー

女性に人気のカルティエ。もちろんリストウォッチだけでなく、ジュエリーも有名です。

このバロンブルーは女性に特に人気のあるモデル。コロッとした風船のようなフォルムに特徴的なリューズ、カルティエの腕時計らしいローマ文字の文字盤。男性にもエレガンスな雰囲気を与えてくれます。

サイズは着ける場所を選ばない36mmと少し大きめの42mmがあります。人と被ることもありませんし、なにより女性受けは抜群でしょう。

カルティエの腕時計の中ではペアウォッチとしても人気の高いモデルです。

バロンブルーを検索する

年齢的に選ぶべきモデルとは

30代は仕事もプライベートも忙しい時期です。昇進したり家族を持ったり、家を買ったりと毎日が目まぐるしく状況が変わっていきます。

そのためにお金がかかるのもこの時期です。よほどの高給取りでない限り、いくつもの腕時計にお金をかける余裕はないと思います。

なので、私が考える30代が選ぶべきものは、1本でどんな場所にも対応できるモデルです。参考になれば幸いです。