一番安いロレックス メンズモデルはどれ?現行と中古を調査

スポンサーリンク
高級腕時計
スポンサーリンク

とにかくロレックスが欲しい!という方向けにロレックスの現行品と中古品の一番安いモデルを紹介します。一番安いといえどロレックスはロレックス。他のブランドの時計に比べて安いわけでもありませんし、性能は100万円、200万円するモデルに劣るわけではありません。それでは見ていきましょう。

最も定価の低い現行モデルは?

オイスターパーペチュアル 34
定価:518400円

 

それは、オイスターパーペチュアル 34です。OYSTERは防水性の高いケースの事、PERPETUALは自動巻きの意味です。34はケース径が34mmということになります。

 

このモデルは男女兼用のサイズで、夫婦間やカップル間で兼用できるのも魅力的です。それから何といってもカラーバリエーションが豊富で現在でも7色の文字盤が用意されています。廃盤になったものまで合わせると、20種類近くあるのではないかと思います。

 

メンズモデルとしては最小の34mmサイズですが、小ぶりながら流石はロレックスという存在感があります。2014年までは同じリファレンスナンバー114200はエアキングというモデル名でしたが、現行はエアキングのロゴが消えてオイスターパーペチュアルとなっています。

 

エアキングは39mmのセミスポーツモデルとして全く別の時計として生まれ変わりました。

 

小さいながらも丸みを帯びたドームベゼルや無垢材を使用した堅牢なブレスレットなど、他のモデルに負けない高級感あるつくりになっています。

 

内部のムーブメントも1世代前のエクスプローラー、サブマリーナーノンデイトと同じものが搭載されています。見た目も機能もシンプルそのものですが、スポーツモデルのロレックスと性能的には変わりません。

 

一番安いモデルと言って期待してしまったかもしれませんが、定価518400円はします。ロレックスは本当に敷居が高くなりましたね。

 

ちなみにこのモデルの中古だと42万円くらいからあります。現在ロレックスの現行モデルで一番安いモデルは42万円くらいからということになります。

 

一昔前でいうと、エアキングやオイスターパーペチュアルなどは20万円代とまさに入門的な価格設定でしたが、現在では倍近くまで市場価格が上がっています。もちろんその分、現行モデルでは堅牢な作りになっているので、実機を見ればわかりますが、値段相応の上質さは感じ取れると思います。

 

ロレックス オイスターパーペチュアルに入門機という評価は合わない
ロレックス オイスターパーペチュアルはよく入門機とか、廉価版とか一番安いロレックス(価格的に)とか評価されますが、決して他のモデルに見劣りする代物ではありません。

最も安い中古品(廃盤)モデルは?

エアキング Ref.5500
中古相場:300000円~

 

オイスターケースを使用してあり、実用出来るレベルで考えると、現在中古品で購入できるロレックスの一番安モデルはエアキング Ref.5500です。

 

Ref.5500は1950年代後半から1990年代前まで作られてきたロレックスの中でも名作中の名作。30年に渡り生産されてきたモデルです。サイズは34mmと前述のオイスターパーペチュアルと同じですが、こちらの方が、ラグ等が細いため小さく見えます。

 

でも確かに小さいんですが、ヴィンテージウォッチになるため丸っこいドーム風防などを備えており、雰囲気は抜群で、まさに大人の腕時計という感じです。ヴィンテージですが、永年造られてきたため、修理実績のあるお店も多く、メンテナンスには困らないと思います。

 

長年スポーツロレックスを愛用されてきた方が歳も取ってきて、すこし小ぶりなモデルが欲しいなと思った時によく選ばれるモデルでもあります。小ぶりですが、ヴィンテージ特有の存在感もあって使う場面は多いと思います。

 

中古品は日によって一番安いモデルが変わることがあるので、もう一つ紹介します。

 

デイトジャスト Ref.1601または1600
中古相場:300000円~

 

このデイトジャストRef.1601も30万円を切る個体が出品されていることがあります。
デイトジャストはロレックスの中でも最も有名なモデル。カラーバリエーションも豊富で中古市場には様々な文字盤のモデルが出品されています。

 

木村拓哉さんを始め、芸能人の方も多くのかたがデイトジャストを愛用されています。同年代に販売されたエクスプローラー1の同じキャリバーを搭載したモデルは160万円ほどが相場なので中身は同じで非常にコストパフォーマンスが高い一本になります。

 

性能的にはヴィンテージのスポーツロレックスと変わらないですし、オーバーホールもだいたいどこの業者も受け付けてくれるので安心です。NATOベルトを着ければそれこそスポーツモデルっぽい見た目になりますし、初めての高級腕時計にもうってつけのモデルになります。

 

デイトジャストの白文字盤を芸能人はなぜ好むのだろうか?
芸能人の方でロレックス デイトジャストを所有している方は多いです。いや、芸能人と言わずとも著名人はなぜかデイトジャストの白文字盤が多いんです。やはり、ロレックスのスタンダードモデルということで使い勝手がいいのでしょうか。

もっと安いモデルはないの?

あります。チェリーニやプレシジョン、オイスターなどで検索すれば出てくるには出てきますが、手巻きモデルになります。

実用的な面、今後のメンテナンスなどを考えて、毎日使うことを考えれば、上記のモデルが最低限だと考えます。

 

それでも20万円くらいはするので、ロレックスはあらためて偉大だなと感じますね。手巻きでもそれがいい!という方には良い買い物かもしれません。古いモデルばかりなのでヴィンテージの雰囲気はかなりありますよね。

ROLEXは高い!!

ロレックス、高いですよね。でもそれに見合う価値はありますよ。他のブランドのように安いモデルというように見られることもありません。何よりシンプルなモデルは飽きずに長く使っていけるので、今回紹介したモデルはどれもおすすめです。

 

他にメインになる時計をお持ちの場合や、普段は機械式の腕時計をしない方にはわざわざ100万円以上も出してサブマリーナやデイトナなどを買う必要はないかと思います。それでも好きなら仕方ないですが。

 

それにロレックスなので安いからと言って気後れすることもありません。ロレックスはロレックスです。どれも最高を目指して作られているのには変わりはないのできっと満足するはずです。