デイトジャストの白文字盤を芸能人はなぜ好むのだろうか?

スポンサーリンク
芸能人の腕時計
スポンサーリンク

芸能人の方でロレックス デイトジャストを所有している方は多いです。いや、芸能人と言わずとも著名人はなぜかデイトジャストの白文字盤が多いんです。やはり、ロレックスのスタンダードモデルということで使い勝手がいいのでしょうか。

著名人はDATEJUSTのホワイトダイヤルを好む

なぜ白文字盤が多いのでしょうか?。関連記事にもありますが、あれだけ文字盤の種類が豊富で文字盤のカラーも何種類もあるのになぜでしょうか?

 

お笑い芸人から政治家、プロボクサーと多くの人がデイトジャストの白文字盤なんですよね。

ROLEX DATEJUSTとは

ロレックス デイトジャストは1945年に発売されたロレックスのドレスライン、スタンダードモデルです。

ロレックスが発明した三大発明機構、オイスターケース(防水)、パーペチュアル(自動巻き)、デイトジャスト(瞬時に変わる日付)を搭載したロレックスを代表する腕時計です。

 

レディースからメンズまで、サイズも文字盤の種類も数多くのバリエーションがあります。

現在ある腕時計の基本を作った腕時計といっても過言ではないモデルです。

ロレックスのドレスライン(モデル)とは

ロレックスのドレスライン(モデル)とは、フォーマルな装いのデザインが施されています。ロレックスの代表モデルはエクスプローラー1やサブマリーナー、デイトナなど、スポーツモデルが多いのですが、このドレスラインの時計はパーティーシーンなどよるフォーマルが求められる場で存在感を発揮してくれます。

 

もちろんスーツとの相性は抜群で、ロレックスではデイトジャストの他にもオイスターパーペチュアル、一昔前のエアキング、フラッグシップモデルになるデイデイトなんかがこれにあたります。

 

元々、ロレックスが日本で人気が出始めたばかりのころは、ドレスラインの時計の方が人気だったようです。そのせいか、年配の方はゴールドとステンレススチールのコンビモデルなんかを大事に使っていたりしますよね。

なぜ白文字盤を選ぶのか

それはやっぱり芸能界だからでしょう。ようは、パーティーや慶弔事が多いために一本はフォーマルに使える時計を持っていたいということでしょう。ロレックスならしっかりしているものだし、どこに着けていっても白文字盤なら対応できます。

 

とはいえデイトジャストは使いやすく、悪目立ちしないため番組に出る際にも着けやすいのがこれだけ多くの芸能人が白文字盤のデイトジャストを愛用する理由ではないでしょうか?

 

フォーマルな場面での使用を考えて購入したものの、白いデイトジャストなら本当に場所を選ばずに着用できるので重宝しますよね。

ROLEX DATEJUSTの現行ラインナップ

現在デイトジャストはメンズモデルが2サイズあります。36mmの発売当初から変わらないサイズと、大型化した41mmです。

 

フォーマルな場面で多く使うなら、36mm。プライベートなど普段も使用したいなら迫力のある41mmがおすすめです。

ロレックス デイトジャスト41


souce:rolex
商品ページへ


souce:rolex
商品ページへ

ロレックス デイトジャスト36


souce:rolex
商品ページへ


souce:rolex
商品ページへ

結局はDATEJUSTに戻る


souce:hodinkee

 

私の周りでデイトジャストを使っている人もデイトジャストに結局最後は戻るって方が何人かいますが、それもわかる気がしますね。

 

少し地味かもしれませんが究極の対応力が白文字盤のデイトジャストにはあります。

スーツにも最も合うモデルです。

ロレックスを愛用している芸能人のまとめ記事はこちら

ロレックス愛用の芸能人、有名人図鑑|男性編304名 83モデル
ロレックスを愛用する男性の芸能人、有名人、著名人をモデルごとに一挙にまとめました。この記事さえあれば誰がどのモデルを愛用しているのかまるわかりです。かなり長い記事になりますので、気になるものがあれば、目次から飛んでください。それではどうぞ。