20代におすすめの高級腕時計|ブランド押しでドヤ顔の一本を

スポンサーリンク
高級腕時計
スポンサーリンク

20代と言えば仕事に遊びに、お金がいくらあっても足りない時期ですよね。とはいえ大人の男性として腕時計に妥協し続けるのもどうかというもの。そろそろ一本くらいは良い腕時計を持ちたいですよね。この記事では、20代におすすめしたい高級腕時計を紹介していきます。もちろんモテ要素は大事なのでブランド力の高いモデルを5本ほど厳選してみました。

高級腕時計とは?

高級というのは人によって違うと思います。100万円もするロレックスを労働者の腕時計だと言う人もいますし、10万円のファッションウォッチを高級腕時計だと考える人もいます。

 

明確にお値段で線引きするのは難しいので、軽くポンと買えない程度のお値段ということにしておきましょう。この記事で紹介するモデルは、ボーナスにちょっと足したら、または4年ローンを組んでも月々10000円を超えない40万円以下くらいで買えるものを挙げていきたいと思います。なるべく安く挙げるためにも検索リンクには中古品を見られるようにしてあります。最後に新品で安く購入できるお店も載せているので安心してください。

 

また、20代にとってモテるというのは大事な要素です。洋服を買うのもいい車が欲しいのも仕事を頑張るのもモテるためですよね。

そうなると腕時計に必要なのはブランド力とデザインです。やはりよく知られているブランドなら女性も気になるところでしょう。そのあたりも含めてあげていきたいと思います。

個人的に一番おすすめなのは5番目の腕時計です。とりあえず行ってみましょう!!

パネライ ルミノール ロゴ


商品ページへ

まずはイタリア発祥の高級腕時計メーカー、オフィチーネ・パネライのルミノール ロゴです。パネライはかなり知名度の高い時計ブランドになります。特徴的なのはその大きさ。このルミノールもケース径が44mmとかなり大き目な作りとなっています。2000年代になり、デカ厚ブームという大きい時計が世界中で大流行しましたが、パネライはその火付け役ともいえるブランドです。

 

デカ厚ブームにより時計の大型化は進み、あのロレックスですら伝統的なモデルを大型化させました。それくらい影響力のあるブランドなんですよパネライは。

 

 

このモデルはパネライのモデルの中でも最もオーソドックスなモデルとなっています。ムーブメントは手巻きです。

シンプルな文字盤に特徴的なリューズガード。大きさ、その重さ。少し時計を知っている人ならすぐにパネライの腕時計だとわかるモデルです。

 

最近では一時期よりだいぶお値段も下がってきているので、並行輸入店や中古品であれば40万円台を切る価格で購入することができます。私も20代の頃に手にしましたが、中古でも50万円くらいしてましたよ。今が買い時のおすすめしたいモデルです。

 

IWC パイロットウォッチ マーク18


商品ページへ

最近ではロレックスを凌ぐ人気が出てきているIWC(インターナショナルウォッチカンパニー)。その中でも代表的なモデルと言えばやはりパイロットウォッチです。このマーク18はその中でも特に人気のあるモデルで、扱いやすい40mmのサイズ感も人気の秘密です。

 

同じマーク18でもいくつか種類がありますが、今回はヘリテージカラーを選んでみました。オーソドックスなラウンド形のモデルながらヴィンテージ感のあるカラーリングが今っぽいでしょ?

 

仕事でも遊びでも着けるシーンを選ばないところも20代の方におすすめする理由です。最初の高級機械式腕時計にはこういうオーソドックスな形のものを選んでおくと飽きることなく使い続けられます。

 

このマーク18は他にもクラシック、プティ・プランス、アントワーヌ・サン・テグジュペリなど種類があるのでぜひ下の検索から見てみてください。おっ!これは!?というモデルが見つかるはずです。

ブライトリング スーパーオーシャン ヘリテージ 42mm


商品ページへ

ブライトリングと言えば聞いたことがありますよね?日本の高級腕時計ブティックでもかなり押して扱われているあのブランドです。元サッカー選手のベッカム様も愛用しています。このスーパーオーシャンはダイバーズウォッチです。防水機能がかなり高いというモデルですね。

 

腕につけたままダイビングしても全然大丈夫です。若い人が大好きな夏の浜辺でBBQにも持って来いのモデルですし、42mmと大き目のサイズ感なのでTシャツにこれ一本でもかなりカッコいいと思いますよ。

 

 

実はこのモデル、46mmの大型モデルもあるんですが、これがかなり大きいんですよ。厚みもあるんでデカすぎます。私も試着したことがありますが、かなり筋肉隆々じゃないと腕時計が浮いて見えるんです。

仕事にも大きすぎると使えないので、今回はちょうどいいサイズ感の42mmモデルを押します。

また、ブライトリングの腕時計全般の話なんですが、正規店でオーバーホールするとなると中古での購入品は費用が倍かかります。

 

これを並行差別というんですが、このあたりは要注意です。機械式腕時計は5年に一回はオーバーホールが必要なので、後々のこともよく考えて購入するべきだと思います。でも中古で買うと半額くらいなんですけどね。中古で購入した時計のオーバーホールには専門業者に任せると安く手入れしてくれます。

 

腕時計のオーバーホールならこの2社が断然おすすめ。断言します
高級時計を所持したならば、5年おきに必ずやってくるアレ。そう、オーバーホールの時期です。なんとか安くならないか。でもよくわからない業者に大切な時計を預けるのは心配。そんな方におすすめの時計修理会社を2社ほど紹介します。

カルティエ サントス デュモン


商品ページへ

モテたいならこの腕時計に決まりです。カルティエのサントス デュモン。カルティエといえば女性の憧れのジュエリーメーカーです。結婚指輪にカルティエを選ぶ女性もかなり多いです。アクセサリーのブランドとしてはティファニーと並ぶブランドですね。

 

それでもこのカルティエは意外と腕時計メーカーとしても歴史と伝統を持っています。1910年代に世界で初めて男性向けの腕時計を作ったのがこのカルティエだと言われています。カルティエ創業者のルイ・カルティエが友人でパイロットであるサントス・デュモンのためにフライト中に時間を確認するために造ったものが、世界初の男性用腕時計「サントス」です。

 

このサントス デュモンは創業者が友人のために造ったモデルを記念してつくられた腕時計です。意外とこんな深い歴史があるモデルなんですね。それでもこのモデルは今回紹介した中で唯一のクォーツ式の腕時計になっています。理由は安いし手間がかからないから。

新しいモデルなので、なかなか中古市場にはありませんが、こういうモデルなら新品がいいですね。

 

サントス ドゥ カルティエを検索

ベル&ロス BR03


商品ページへ

最後はベル&ロスのBR03です。大きすぎない42mm×42mmのケースを採用しているモデルで、おすすめはキズのつきにくいセラミックケースのものです。計器のような外観で、他のブランドの腕時計とは一線を画すファッション性があるモデルだと思います。

 

ザ・ベル&ロスのモデルと言う感じです。このブランドは割と最近できたブランドで、1992年に設立されました。本社はパリにあり、製造はもちろんスイス製です。登場当時から多くの注目を集め、瞬く間に高級腕時計ブランドの仲間入りを果たしています。

 

水嶋ヒロさんという俳優さんがテレビで着けて、芸能人の間でもすぐに広まりました。木村拓哉さんはソッコーで買いに行ったそうです。

特に若い人には似合うモデルだと思います。また、中古市場にもいろんなモデルが出されているので、一度見てみることをおすすめします。

新品で高級時計を購入したい

やはり最初の腕時計ならば新品がいいですよね。そうだと思います。
新品で購入すると何がいけないかというと、やはり値段が高いことが挙げられます。ブランドによっては中古品になっただけで半額くらいになるものもあります

よく考えて見てほしいのが、腕時計の中古品は車の中古品とは違います。車の場合は半額以下、10分の一以下になるなんてよくあることですが、高級腕時計と車ではそもそも耐久年数が違いすぎます。高級機械式腕時計であれば、オーバーホールをきちんとすれば100年以上は持つと言われていますし、部品の交換も容易です。傷も研磨すればほとんどのものは取れてしまいます。

 

ちゃんとした有名な中古腕時計店で購入すれば、オーバーホールも研磨もした状態でお店に並んでいるので、思わず新品かとおもうようなピカピカなものばかりです。ロレックスは新品でも中古品でも価格はほとんどかわりませんが、他のブランドの腕時計ならば断然中古品をおすすめします。そのほうが賢い買い物でしょう。

 

それでも新品を購入したいのなら、並行輸入で買うことをおすすめします。並行輸入店であれば、正規店価格の20%~40%引きくらいで購入できます。

おすすめの並行輸入店は「世界の時計市場」です。

世界の時計市場の口コミ&評判|ロレックス以外ならこのお店
ブレゲやIWCなどのハイブランドを取り扱う世界の時計市場。他ではなかなか取り扱っていないモデルもここでなら並行輸入価格で新品で手に入ります。世界の時計市場の評判や口コミを調べてみました。

 

世界の時計市場は、ロレックス以外の高級腕時計を扱う並行輸入店です。これはかなり珍しいお店なんですよ?並行輸入店のほとんどは利益率の高いロレックスを扱うことが多いです。

 

世界の時計市場であれば、ロレックス以外の高級ブランドはほとんど取り扱っているので、今回紹介したモデルのほとんどを並行輸入価格で購入可能です。

 

世界の時計市場

ローンで購入する

ローンというと聞こえが悪いですが、他にローンを沢山組んでいないならいい買い方だと思います。なぜなら多くの時計店には金利のかからない無金利ローンを取り扱っているところが多いからです。

 

ジャックロードや銀座ラシンなど、有名店なら48回。ロデオドライブというお店ならなんと60回も無金利でローンが組めます。ローンでの購入なら、手の届かなそうなモデルにも手が届きますね。

 

私もローン位は組んだことがありますけど、おすすめは月々1万円以下です。あんまり多いと毎月苦しい思いをすることになります。

 

それに、30代、40代の方でも半分以上の方が実はローン組んで時計を買ってるんですよ。

 

ロデオドライブ 公式HPへ

20代におすすめの高級機械式腕時計まとめ

私もかつては20代でした。もしタイムマシーンで過去に戻れるなら、高級な腕時計を買っておけ!と自分に言いたいです。20代は稼ぎは確かに少ないですが、使えるお金は一番あります。30代に突入してくれば、結婚なんかで自分が使えるお金は本当にわずかになってきます。いや、本当です。

今のうちに勢いで買っておくと、後々必ず「買っておいて良かった」と思えるはずです。今回の記事が参考になれば幸いです。

 

30代から始める高級機械式腕時計|おすすめはどこでも使える一本
30代は高級機械式腕時計に手を出し始めるのにいい年齢だと思います。仕事にも慣れ、ある程度の地位を確立し、いいものに興味もわくでしょう。実際に初めて高級機械式腕時計を購入するのは30代になってからの方が多いそうです。

 

40代なら手に入れてほしい高級機械式腕時計|プラスαな一本を
40代と言えば仕事が忙しくなる時期。役職も付いて部下も増えている年代です。そんな仕事バリバリの40代が着ける腕時計にはプラスαな一本がおすすめです。