ロレックス 2021年に向けて市場で値上がる「3つ」の理由

スポンサーリンク
ロレックスの新作予想
スポンサーリンク

2021年に向けてロレックスが値上がりしそうです。これには理由がいくつかあります。残念ながら一番悪いのは新型コロナウィルスです。人命第一なんでROLEXの値段なんかどうでもいいですが、解説していきたいと思います。

ROLEXの値上がり


ROLEXの腕時計はここ何十年もずっと値上がりしています。これには為替の値段やロレックスウォッチの高い人気など、様々な要因があります。

海外製のブランド腕時計を購入するうえで、正規店で買うか、並行輸入店で買うかという選択肢があります。

ほとんどの海外メーカーの場合、並行輸入店で購入する方が、安く購入できるからです。

並行輸入品の腕時計とは何?並行輸入品のメリット、デメリット
高級腕時計を購入する際に「並行輸入品」という言葉を耳にすると思います。先に言っておきますが、並行輸入品は偽物というわけではありません。「正規品」との違いは?価格差はなぜうまれるのか?メリットはデメリットは?詳しく解説していきたいと思います。

しかし、ROLEXの腕時計となると、少し違ってきます。

ロレックスの腕時計は正規店より並行輸入店の方が高いのです。これは、正規店への入荷があまりに少なく、正規店での購入がかなり難しいからです。ROLEXの人気モデルを求めて正規店をはしごすることをロレックスマラソンと言います。

デイトナマラソン攻略は店員とのコミュニケーションがカギ!!
ロレックスの人気モデルを購入するならロレックス店員さんとのコミュニケーションが必要不可欠です。デイトナマラソンには人間力がいるんです。

もともとは購入が最も難しかったコスモグラフ デイトナというモデルの購入を目指して正規店を回る行為(デイトナマラソン)を指していましたが、最近ではステンレス製のスポーツモデル全般が難しく、ヨットマスター2以外のほとんどのモデルがこのロレックスマラソンの対象に入っています。ステンレス製のモデルは正規店で購入して、そのまま並行輸入店に持って行けば定価以上のお値段で取ってくれるので、このこともロレックスマラソンの難易度をあげてしまっています。

2020年になってから、スポーツモデルのほとんどが購入規制がかかりました。これは、同じモデルを1年間購入できないというものです。

これで本当に欲しいロレックスウォッチを正規店で購入できるチャンスが増えたと、ネットユーザーの間では、喜んでいたんですが、まさかのコロナウィルスです。

それではロレックスが2021年に向けて市場価格が上がっていく理由をあげていきたいと思います。

ROLEXの供給が停止


2020年3月17日から現在(4月20日)までROLEXの製造拠点であるジュネーブ、ビエンヌ、クリシエの工場閉鎖は現在も続いています。これはもちろん、新型コロナによるものです。

今のところ、製造再開がいつなるかは不透明な状態です。

ROLEXは一本の腕時計を造るのに多くの時間がかかると言います。その昔のロレックスの広告には一本の腕時計ができるまで1年かかると。

現在でも正規店になかなか入荷がないのに、造られないとなるとこれはかなり深刻なことだと思います。

ものがなければ希少価値が上がる、そうなるともちろん価格は上がります。

為替相場が下がらない


ROLEXの腕時計はこれまで何度か価格が暴落しています。これは東北大震災のとき、この時のドル円の為替相場は76円台とこれまでの史上最高値をつけています。その前はリーマンショック。このときもドル円相場は大幅な円高に進んでいます。

このときにロレックスの腕時計も市場価格を下げたものです。

ROLEXの市場での値はドルの価格にもろに影響を受けるので当たり前といえば当たり前なんですが。

ということは、円高に為替相場が進めばロレックスの市場価格は下がるということになります。

今回の新型コロナの影響はもちろん為替のマーケットに大きな影響を与えています。

今回の新型コロナウィルスでの為替の値動きですが、中国や日本では既に新型コロナウイルスの感染が拡大していた2月半ばに112円をつけたましたが、その後は感染が欧米諸国に拡大し、欧米の株価が急落する中で円高が進み、3月9日には101円台まで下落しました。

普段から為替の値動きを見ている方ならわかると思いますが、恐ろしいほどの値動きです。たった2週間で10円動くのは10年に一回あるかないかでしょう。

しかし、そこから元に戻し、一時は111円台まで上がり、現在は107円~108円くらいの間になっています。

これには諸説あります。日本銀行が買い支えているとかいろいろ言われていますが、一番はアメリカでも感染が広がり、ドルと日本円が同等の強さになっていることです。

世界的有事のさいには円高に進むこと(景気後退)が多いのですが、世界中で起こっていることなので、為替相場は現状下がっていません。

よって為替によるロレックスウォッチの値下がりはないと思います。

時計投資が確立されている


2020年現在、ロレックスは投資になる。という考えが確立されています。

不景気の際に価格が下がってから買って、景気が上がったら売るというのは、投資家の定石です。

ウォーレンバフェットも急激な円高時にドル円を買って財を成しました。この問題は投資家だけの話ではありません。

これから値上がりするだろう腕時計を誰が買うのか?それは並行輸入店です。

中古品や未使用品、アンティークも扱う並行輸入店は仕入れ時と売却時の価格差で利益を出します。

ヤフーショッピングや楽天の市場を見てみればわかりますが、比較的購入しやすい5桁リファレンスのモデルの出品数がかなり減っているのがわかると思います。来る価格高騰時に向けて各店が在庫を抱えているのではないかと思います。

市場での球数が減ればもちろん希少価値は上がり、将来的に価格は高騰します。

実は、買い時は今!?


3月の為替の暴落によって、これからロレックスウォッチの市場価格が下がってくるという記事も散見されますが、私は今回の新型コロナウィルスのせいでかなり高騰すると見ています。

今回あげた理由から、安くなる意味が分かりません。もちろん景気の後退によって一般人は高級品に手が出せなくなりますが、市場を動かすのは一般人ではありません。

これまでの歴史からROLEXの腕時計は立派な投資になると誰もがわかっている時代です。

金持ちに買い漁られる前に、欲しいモデルがあるなら多少無理してでも買っておきましょう。