GMTマスター2 バットマンはジュビリーかオイスターか

スポンサーリンク
高級腕時計
スポンサーリンク

ロレックスの人気モデル GMTマスター2。2019年のバーゼルワールドではジュビリーブレスを着けた、新作Ref.126710BLNRが登場し話題になりました。まだ前モデルも市場には多くあるため、ジュビリーブレスの新作か、オイスターブレスレットの前作かで迷っている人も多いようです。

 

GMT MASTER2 BATMAN

GMTマスターはパン・アメリカン国際空港から依頼を受け、ロレックスが開発したパイロット向けのモデルです。GMTマスターは2か国、GMTマスター2は3か国の時間帯を把握することができます。

 

サブマリーナーやエクスプローラー1のような、着用者が積極的に動くような用途で造られたわけではありませんが、パイロット用ということで頑丈に作られているプロフェッショナルモデルの一員です。

 

この青と黒のベゼルが印象的なバットマンモデルは、2013年に初めてバーゼルワールドにて発表されました。これまで「青色」をここまで前面に出したモデルはロレックスにはなく、クールな印象で瞬く間に人気モデルとなりました。

 

2013年に登場した前モデルがRef.116710BLNRでオイスターブレスレットを装着使用したモデルとなります。2019年の新作Ref.126710BLNRはブレスレットがジュビリーブレスレットに変わり、見た目が大きく変わっています。

 

前の年に赤青のモデルにジュビリーブレスレットが付いたため、既定路線のモデルチェンジではありましたが、やはり定番のオイスターブレスレットへの需要は高く、発表前には前モデルが70パーセント以上値上がりしました。

 

新作と前作では他にもケース径上の若干の変更や文字盤、ムーブメントのブラッシュアップが計られています。見た目で大きく変わるのはブレスレットのみですね。あとはよく見ないとわかりません。

前作と新作の性能はどう違う?

性能的にはほとんど変わりませんが、パワーリザーブの時間が新作になって延びています。自動巻きの腕時計なので、着けないで置いておくと止まるんですが、前作では48時間新作は72時間となっています。精度はもともと狂いの多い機械式の腕時計です。数十年前から大差ありません。

 

あと、2019年になってからロレックスのオーバーホールについて、5年に1回から10年に1回に表記が変わっています。ムーブメントにさしている潤滑油がもし変わっていれば、新作の方がオーバーホールに出すまでの期間は猶予があることになりますね。

ジュビリーブレスレットについてどう思う?

実際に使っている人や価格ドットコムの口コミを見ている限り、悪いことを書いている人はほとんど見当たりません。青黒にも意外と実物をみて見れば合っていたとか、高級感が増したという口コミばかりですね。おじさんくさいという人もいましたけど。ちょっとわかる。

 

私も実機に触ってきましたが、関節が多い分装着感は良かったと思います。ピタッと腕に馴染む感じです。ただ、元々現在のオイスターブレスレットも他のブランドに比べればかなり装着感は良いほうなので、そこまで大きな違いは感じられませんでした。

確かに高級感はジュビリーブレスレットのほうがあります。ジュビリーブレスレットはデイトジャストなどのクラシックなモデルに装着されたのが始まりなので、それはそうかもしれません。

ロレックスにおいても、プロフェッショナルベゼルの付いたモデルは似通ったものが増えてきたので、他のモデルと差別化したいという思いもあったのだと思います。

 

2018年のバーゼルワールドにおいて発表されたGMTマスター2 Ref.126710BLRO。赤と青のペプシカラーと言われるこのモデルの復活も驚きでしたが、ヴィンテージGMTマスターによくあるジュビリーブレスレットもこみだったので会場では驚きだったようです。

このモデルは現在でもプレミア値が落ちてこず、190万円前後で取引されています。

現在のSSモデルのラインナップ

現在のステンレススチール製のGMTマスター2はこのバットマンとペプシの2種類となりました。
ジュビリーバットマンの登場と同時に、黒単色ベゼルのRef.116710LNも姿を消したからです。カラー的にはなんともバランスの悪いラインナップです。黒赤のコークカラーが出るとちょうどいいんですけどね。

 

今後もGMTマスター2のジュビリーブレスレット化は続いていくと思います。現在は貴金属を含んだロレゾールモや金無垢のモデルにはオイスターブレスレットが付いていますが、今後は右に倣えでなくなっていくでしょう。そう考えると、オイスターブレスレットのモデルはさらに貴重さが増していきます。

 

ロレックス 2020年の新作予想|あの定番がモデルチェンジ!?
毎年ロレックスの新作が発表されるバーゼルワールド。昨年は青黒のGMTマスター2やコンビモデルのシードゥエラーが発表されて話題になりました。2020年は、二つの定番モデルのモデルチェンジ時期と重なるので、各メディアも非常に注目されると思います...

まとめ

ジュビリーブレスレットの新作か、オイスターブレスレットの旧モデルかは悩むところですよね。価格で言えば新作の方が、安いのが現状です。(並行輸入店での話)オイスターの中古とジュビリーの新品が同じくらいのお値段ですね。あとは、着ける人の好みだと思います。簡単にまとめておきましょう。

ジュビリー派

・見た目がゴージャス
・中身も合わせて最新のモデルである
・価格は若干安い
・おじさんくさい?
・ゴミが付きやすい?

オイスター派

・見た目はよりスポーティ
・価格は高いが希少価値は上がる一方
・よりシンプル
・新品はなくなっていく
・旧型のモデル

 

また、ジュビリーブレスレットのモデルに関しては今後ももっと価格が落ちてくる可能性はありますが、オイスターブレスレットのモデルはもう生産されないので価値が上がっていく一方です。買うなら今というところでしょうか?

ジュビリーブレスレットの新作の方ならロレックスマラソンをして手に入るかもしれませんしね。

私が買うなら絶対オイスターです。なぜなら?ジュビリーは少し大人っぽすぎるからです。と、そんなことを考えております。