IOC トーマス・バッハ会長の腕時計|オメガのオリンピックモデル

スポンサーリンク
芸能人の腕時計
スポンサーリンク

IOCの男爵ことトーマス・バッハ会長の腕時計を紹介します。いよいよオリンピック開催直前ですからね。トーマス・バッハ会長、けっこういろんなところで会見をしていたので、何のモデルかもすぐにわかりました。オリンピックと言えば?

オメガとオリンピック

オメガとオリンピックの繋がりは長く、なんと1932年から現在まで続いています。オリンピックという舞台でのタイムキーパーは非常に大事なところです。

ちなみに最近2032年まで契約延長をはたしています。最初の契約からちょうど100年。これは最上位のオフィシャルパートナーとして、オメガが最初に契約しています。

オメガはスターティングピストルや競泳用タッチパッド、1秒間に1万フレームのデジタル画像を撮影できる写真判定カメラなど、様々な最先端の競技用計測器を開発し、オリンピックの歴史的な瞬間に立ち会ってきました。

近年では、オリンピックの限定モデルが毎回のように登場し、話題となっています。

5つ目のスピードマスターとか、オリンピック限定じゃないとありえないデザインですよね。他にも裏蓋に五輪のロゴが入っていたり、わりとおもいっきりあざとい仕様のものが多いと思います。

これまでのオリンピックモデルを検索してみると面白いモデルが見つかるかもしれません。

オメガのオリンピック限定モデルを検索

トーマス・バッハ会長って?

IOCの会長だけあって、最近はけっこうメディア露出が多いトーマス・バッハさん。

ぼったくり男爵の異名も板についてきました。

 

「誰もが犠牲を払わないといけない」

「緊急事態宣言下でも開催か?答えはイエスだ」(はったり男爵)

「日本人が粘り強さや、へこたれない精神を持っていることは歴史が証明している。」

「東京は準備が整った大会。自信を持って東京に来てほしい」

 

年収3000万円。裏金もしっかり。大会貴族と言ってもいいお方。そりゃあ何が何でもオリンピック開催に持って行きたい人ですよね。

 

いや、最近この顔見るのもストレスになってきました。もうさっさと紹介しちゃいましょう。

 

トーマス・バッハ会長の腕時計

白文字盤、レザーベルトっぽいですよね。最近の会見ではほとんどこの腕時計をされています。

IOCのトップだけあって、ちゃんとした時計してるじゃん!!

すごくフォーマルじゃないですか!!白文字盤、黒のレザーベルト。ちょっと見直しますよね。

 

なんのモデルなんでしょうね?

 

 

 

 

 

 

オメガ オリンピックオフィシャルタイムキーパー コーアクシャル クロノメーター

もらったやつかぁ~い。

 

さすが男爵です。ちなみにこのモデル、5本セットのスペシャルエディションなんですよね。

 

これをIOCの幹部は戦隊ものみたいに、みんなつけてるんでしょうか?

 

≪ぼったくり戦隊≫・・・

いや、これ以上はやめましょう。ちなみに一本80万円くらいです。

 

どうせならスピードマスターがいいですよね。このオリンピックエディション。どのカラーリングもかっこいいです。

オメガのオリンピック限定モデルを検索

 

トーマス・バッハ会長の腕時計まとめ

なんでこの記事を書いたのか、自分でもわかりません。これはマジで需要ないやつですよね。

まあ、あれです。

自分の身は自分で守る時代に突入しているようなので、感染しないように、免疫力をつけて、健康的に過ごしていけるようにしましょう。