ロレックス デイトジャストは実用機械式腕時計の最高峰だ!!

スポンサーリンク
高級腕時計
スポンサーリンク

ロレックスのスタンダードモデル、デイトジャストは腕時計に必要な3大機構を史上初めて搭載した、時計界のスタンダードモデルです。高級時計の購入を検討する際は必ずと言っていいほど候補に挙がるモデルです。ロレックスらしく頑丈で実用性の高いモデルとして70年以上世界中で愛されています。

ROLEX DATEJUSTとは


souce:instagram

 

1945年に「オイスターケース」、「パーペチュアル機構」、「デイトジャスト機構」というロレックスが発明した3大機構を搭載し登場しました。

 

・オイスターケース(防水ケース)
・パーペチュアル機構(自動巻き機構)
・デイトジャスト機構(日付表示)

 

今では当たり前の機能ばかりですが、1945年の当時は画期的な腕時計でした。

現在でもこの機構はあらゆるメーカーが使用しています。まさに時計界のスタンダードモデルと言っていいでしょう。

発売からすでに70年以上が経っていますが現在も少しずつ進化をとげながら世界中で愛されています。

デイトジャストの商品ページへ

現在までの道のり


souce:instagram

 

1945年の発売当時は36mmサイズ、ステンレスとゴールドのコンビモデルから始まりました。

昔からのザ・ロレックスというイメージの腕時計ですね。古くからのモデルはこちらを持たれている方の方が多いですね。実のところバブル期なんかの昔はスポーツモデルのサブマリーナやエクスプローラーなんかよりも人気があったんですね。

 

現在のデイトジャストは70年という時を経て、様々な文字盤カラー、異種金属とのコンビモデル、41mmサイズ、レディースサイズの追加など近年は特にバリエーションを増やしてきました。

 


souce:instagram

 

現在ではスポーツモデル、特にサブマリーナやエクスプローラー、デイトナなんかがロレックスの人気モデルですが、これまでの歴史上ロレックスといえば「デイトジャスト」なんです。

ロレックスの中でもデイトジャストは非常に大切にされているモデルで、毎年のようにバリエーションの追加がされています。

 

上の画像は41mmモデルのフルーデッドベゼル付きのモデルです。「デイトジャストⅡ」や「デイトジャスト41」とか呼ばれています。現在でのロレックスでの正式名称はデイトジャスト41です。

 

デイトジャスト41は耐磁性・耐衝撃性に優れる新型ムーブメントを搭載しており、スタンダードモデルながらスポーツモデルと何ら変わらないタフな性能を誇ります。

ベゼル、ブレスレットのバリエーション


souce:instagram

 

上の画像は同じデイトジャスト2です。
違いが判りますか?

 

手前は”フルーテッドベゼル”、”ジュビリーブレス”を付けたモデル。

後ろは”スムースベゼル”、”オイスターブレス”を付けたモデル。

 

”フルーテッドベゼル”、”ジュビリーブレス”を付けた方がゴージャスな雰囲気にはなります。

”スムースベゼル”、”オイスターブレス”の方が嫌みはないですね。

 

これらを混ぜくることもできます。市場では、”スムースベゼル”、”ジュビリーブレス”のコンビが人気があります。

 


souce:instagram

 

最もおとなしいタイプはどうでしょうか。「スムースベゼル」、「オイスターブレス」の組み合わせ。このモデルは嫌みはなく、永く使えそうですね。

 

オンでもオフでも活躍してくれそうで、バーインデックスのモデルなら「オヤジくさい腕時計」にも見えません。

ゴージャスなモデルもラインナップ


souce:instagram

 

このモデルは生ける伝説的なテニス選手のロジャー・フェデラーがウィンブルドン2016で優勝した際に着用していたデイトジャストです。

 

ロレックスのカンパニーカラー、グリーンのローマン文字、シルバーの文字盤、イエローゴールドのコンビと非常に華やかな腕時計です。

 

異種の金属が放つ光は凄みを感じさせられます。年齢や地位によってはこういう腕時計もいいですね。

最近のコンビモデルは成金っぽく嫌らしくありません。こういうモデルにもデイトジャストなら挑戦するのもアリですね。


souce:instagram

 

デイトジャストのサイズと言えば36mmです。41mmが登場したのは2009年で結構最近なんですね。

PANERAIを始めとするビッグサイズの腕時計が流行り、ロレックスも大型化を余儀なくされました。2010年にはエクスプローラー1も36mmから39mmへ。ヨットマスターⅡ、シードゥエラー・ディープシーなどの44mmサイズの腕時計も登場してきました。

 

しかし、現在ではまた腕時計も小型化してきています。パネライのみならず世界三大時計のオーデマ・ピゲなんかもフラッグシップモデルのロイヤルオークを37mmに小型化してきました。

時計界にもトレンド(流行)はあるんです。

 

その分、36mmのデイトジャストは70年以上生産されてきた普遍的なモデル。

10年後、20年後、30年後と使っていくなら小ぶりで流行り廃りのない36mmのデイトジャストが良いでしょう。

 

文字盤の色も種類も豊富なので、選ぶのが大変ですが。

 

ピンクの文字盤のものも意外といけます。ピンクと言えば派手なイメージがあると思いますが、ロレックスのピンク文字盤はとても品があります。個人的にはブルーのスーツにも合いますし、一番欲しいデイトジャストです。

デイトジャストの商品ページへ

私が憧れたモデル


souce:instagram

 

かく言う私もデイトジャストに憧れた一人。
めちゃくちゃ個人的な話ですが、20代前半にデイトジャスト36のブラックローマン文字盤に憧れました。

 

尊敬していた方が着けていたのもあるんですが、36mmデイトジャストの丸っこいフォルムと小ぶりなサイズ。小ぶりなのにギラギラとしたローマン文字がすごくカッコよく見えてました。

 

今でもお金に余裕があるならいつかは手にしたいと思っています。ローマン文字盤は若干オヤジくさいですが、それ相応の歳になりましたからね。でも若い人にも本当に人気のある文字盤です。

初めての高級時計にDATEJUSTを選ぶなら


souce:instagram

 

私がお勧めしたいデイトジャストは36mmサイズのRef.116200。

 

数字がグルリと一周するこの文字盤は最近発売されたモデルです。

 

初めての、ということで黒文字盤を選びました。若いときも、年齢を重ねてもずっと使えるモデルだと思います。

いかがでしょうか?

 

Ref.116200は2019年のバーゼルワールドにてモデルチェンジとなりました。よってこの文字盤のモデルも正規販売は終了。新型のRef.126200にはまだまだ文字盤の種類も少なく、基本的な4モデルしか出ていません。続報を待ちましょう。詳しくは下へ。

ヴィンテージモデルも魅力的


souce:instagram

 

1945年から販売されているロングセールのデイトジャスト。当然、アンティーク、ヴィンテージもあります。

 

特に4桁モデルの1601(フルーテッドベゼル)、1600(スムースベゼル)はヴィンテージロレックスの名作と言われており、長年愛されています。

 

搭載されているキャリバーも名作中の名作。Cal.1570です。よくわからないとは思いますが、当時のエクスプローラー1など、多くのモデルに使用されていました。それもあり、このキャリバーは世界中に普及しています。

 

オーバーホールにもまだ部品があるようで、古いモデルですが、いたるところでオーバーホールを受け付けてくれます。

それから、何と言っても安いです。

 

ロレックスのスポーツモデルのヴィンテージはのきなみ値が上がり、100万円超えは当たり前ですが、このデイトジャストはまだそんなに値上がりしていません。

40万円以下で購入できる個体も多くあり、今は非常に狙い目のヴィンテージロレックスになります。

元SMAPの木村拓哉さんも愛用しているくらいです。

2019年に36がモデルチェンジ!!

なんと、デイトジャスト36が10数年ぶりにモデルチェンジとなりました。Ref.Noは116200から126200へ。パワーリザーブの延長など、完全なるモデルチェンジです。

デザインも少しスポーティになりました。詳しくは下記の記事を見てください。日本にも5月もすぎてから少しづつ入荷しているようです。

デイトジャスト36の新作|Ref.126200、126234へ
2019年ロレックス デイトジャスト36がさりげなくモデルチェンジを遂げました。意外と変更点も多かったので記事にしたいと思います。永遠の定番デイトジャスト36の変更点とは?

悩むならDATEJUSTが正解!?

デイトジャストはモデル的にはド派手な腕時計ではありません。

目立つ時計、主張したい時計を望んでいるならロレックスでなくてもいいでしょう。

 

ただ、普遍的にある、空気のような存在、家族のような、相棒のような、そんな時計だと思います。

ただ、絶対的に満足するモデルだと思います。一本目に、コレクションに、デイトジャストを加えてみてはどうでしょうか?

デイトジャストの商品ページへ