ロレックスのコンビモデルはダサい!?最近のはカッコいいぞ!

スポンサーリンク
高級腕時計
スポンサーリンク

ロレックスのコンビモデルはダサい!?あぁ、あのおじさんがよく着けてるロレックスね?みたいなのがよく言われますが、実はROLEX社って、ロレゾールにけっこう力をいれてるんですよ?

というか、海外ではこっちの方が人気があるといいます。それに、最近のやつは、すごくすごくカッコいいんです。今回はそんな記事です。

 


souce:rolex

コンビモデルとは

正式な名称は「ロレゾール」と言います。魅惑的なゴールドの輝きと堅牢なスチールを組み合わせたものです。ロレゾールを最初に始めたのは他でもないロレックスです。その歴史は古く、1930年代初頭に採用され、1933年には正式に商標登録されています。

 

ROLEXの非常に古い機種にもロレゾールはよくありますよね。今ではスチールのケースが主力になっている「デイトジャスト」も最初はコンビモデルから始まりました。ロレックスとしては、オイスターコレクションの中核をなすと認識されています。

おじさんのROLEX


souce:1stbids

 

これが巷でよく言う「おじさんROLEX」、デイトジャストRef.1603です。ロレックスが日本で最初に人気を博した1960年代にはこのようなコンビモデルが流行しました。エクスプローラーやサブマリーナなどの今でいうスポーツモデルよりも人気があったんですね。年配のかたが古いデイトジャストをされてるとだいたいこいつです。長い間大事にされている方が多いんですね。

 

おじさんのロレックスと言いますが、哀愁がただよっていて私は好きですよ。ヴィンテージの味わいがあっていいじゃないですか。

2019年最新のロレゾール

令和を迎えた2019年に発売されたコンビモデル、Ref.126603 シードゥエラーです。シードゥエラーはサブマリーナーを超える防水性をもつプロフェッショナルウォッチ。元々はスチールのケースしかありませんでしたが、2019年にこのシードゥエラーが追加されました。

 

細部までこだわった造りになっており、文字盤のマーカーもゴールドが使用されています。細部までゴールドカラーが使われているのがわかりますね。針ももちろんゴールドを使用。

 

横から見てもこの通り。非常にカッコいいですよね。ゴールドとスチールのコントラストが映えます。

 


商品ページへ

2019年のバーゼルワールドでも特に目立った一本だと思います。プロフェッショナルダイバーズにも華やかさを加える。ROLEX社がロレゾールに本気だというのを見せてくれたような気分でした。

おすすめのコンビモデルは?

現行ロレックスのおすすめを紹介します、どれも非常にカッコいいですし、大人の風格というか、スチールケースのものとはまた違った良さがあります。

サブマリーナ Ref.116613LB


商品ページへ

通称で「青サブ」、「ファラオ」とも呼ばれるサブマリーナ。ゴールドに青文字盤が映える一本となっています。ゴージャスということばがよく似合う一本です。

 

サブマリーナも元々はダイバーズですが、こういったモデルにゴールドを組み合わせるというロレックスの遊び心には関心します。ROLEX社って保守的なイメージの大きいブランドですが、この青サブを見ればわかるように意外とおもしろい時計作ってますよ。しかもこの青サブは古い5桁モデル時代からあります。

 

この青サブは日本人初のロレックスアンバサダーであるプロゴルファーの松山英樹さんや人気お笑いコンビダウンタウンの浜田さんが愛用しています。

サブマリーナ Ref.116613LN


商品ページへ

こちらは黒文字盤。青文字盤よりも落ち着いた印象がありますね。これなら年配の方であればビジネスでも使えると思います。有名どころで言えば、市川海老蔵さんや人気ロックバンドB’zのギタリスト松本孝弘さんが愛用しているので有名です。
海外でも人気のモデルです。

デイトジャスト Ref.126303


商品ページへ

いやこのコンビモデルはカッコいい。初めてカタログに載った時からそう思っていました。イエローゴールドのロレゾールにコーポレートカラーのグリーンのローマ文字が映えます。めちゃくちゃカッコいいです。針もゴールドなので統一感がいいですね。

 


souce:instagram

 

これはプロテニスプレイヤーのロジャー・フェデラーが2016年のウィンブルドン表彰式で着用されたモデルです。芝の王者といわれたフェデラーの腕に本当によく似合っていました。個人的にはフェデラーをイメージして作られたデイトジャストなんじゃないかと思っています。

 


souce:instagram

 

日の光に当たるといろんな表情を見せてくれそうですね。最近のコンビモデルに使われているイエローゴールドは若干暗めの落ち着いたカラーなので、お金持ちアピールみたいには見えません。どんな服装にも合うんじゃないでしょうか?

GMTマスターⅡ Ref.126711CHNR


商品ページへ

こちらも発売当初は非常に話題になった一本です。ピンクゴールドをコンビモデルに使用しています。ブラウン系のベゼルとの相性も良く、「チョコレート」という可愛いあだ名も付いています。

古いものにもコンビモデルはありますが、やはり最新のGMTマスターⅡは完成度が違うので、こちらのほうが落ち着いてはいますが、高級感がありますね。

 

このGMTマスターⅡは本当に人気が高く、正規店ではなかなか購入ができません。もちろん正規店で購入するためには毎日正規店に通うロレックスマラソンなる作業が必要です。
色味も落ち着いており、いろんな場面で使えますので、狙っているひとはかなり多いはずです。

ロレゾールはカッコいい


souce:monochrome watces

 

ロレックスのコンビモデル(ロレゾール)についてお送りしてきました。いかがでしたでしょうか?

めちゃくちゃカッコいいでしょ?しかも最近はオールスチールの異常な値上がりで、お得感がかなりある買い物になります。

スチールとゴールドの価値は全く違いますからね。腕時計の価値としてみれば完全にコンビモデルの方が上です。

コンビモデルを見ていなかった方は、ぜひ一度手に取ってみてほしいと思います。